Improve your experience
You’re using a web browser we don’t support. Try one of this free options to have a better experience on Bumble.com

コロナ状況下で実際に会う場合


今、実際に会うことは危険を伴うかもしれません。状況が落ち着くまでの間だけでも、代わりにビデオ通話を利用してみませんか?

それでもやはり、実際に会うことに決めた場合は、責任をもって行動するための以下の手順をご確認ください。

コロナについての話をする

お互いに正直に話しましょう。あなたの近況、どんな人たちと会っているか、どのようなデートの形を望んでいるかを、隠さずに伝えることが大切です。

危険だと思う事柄があれば、合意する必要はありません。お互いの許容範囲が同じである場合に限り、デートを計画しましょう。

場所を選ぶ

会うことは危険を伴います。それの事実は揺るぎようがありません。ですが、リスクを減らすことはできます。外で会うか、室内であれば少なくとも広く、他の人との距離が十分に確保でき、換気の行き届いた場所にしましょう。

お互いに納得のできる場所を選びましょう。相手を喜ばせるために、あなたの基準を緩める必要はありません。もちろん、相手の基準も尊重しましょう。

身体的な接触

それぞれの境界線に関して、昨今は身体的な接触においてはさらに慎重になる必要があります。

相手のソーシャルディスタンスに関する認識を確認し、ハグであろうとそれ以上であろうと、身体的な接触は高い危険を伴うことを理解して行動しましょう。

最後に、あなたが感染した場合、他の誰に被害が及ぶのかを考えましょう。家族や同僚を感染の危険にさらせますか?感染が拡大している状況下において、あなたの交際はあなたの周りの人にも影響を及ぼすことを理解しましょう。